2008年07月03日

天女の社

 最初のアップは、本来書こうとしていたものとはベクトルの異なる作品です。
 もともと、ショートフィルムを主に制作している某監督さんが、自分の代わりにホンを書いてくれるライターを募集しているということで、そのコンペに参加したときに検討用に送ったホンです。
 その後、監督さんから連絡があり、結局はライターとしては選ばれませんでしたが、「このホンで撮りたい」と言っていただいた作品です。

 まあ、それ以来、監督さんからの連絡がないので、実際どうなるか分からないんですが(汗)。



天女の社


   人 物
 桃川杏(26)
 桃川真一(26)
 少女(11)
 少年(11)

○とある田園
   一面の青空。
   広がる田畑。
   その中にひとかたまり、異質なものの
   ように存在する林。
   とぼとぼとそこへ向かう桃川杏(26)。

○同・林
   林の中に入っていく杏。
   木々の間から差し込む陽光が杏の足下
   を照らす。
   杏、陽光を見上げ、そのまぶしさに目
   を細める。
   杏、何かを探しているように、周囲を
   キョロキョロと見回す。
   と、突然に林の中を駆ける一陣の風。
杏「うわっ!」
   杏、風から目を背ける。そして、風が
   駆け抜けたのを悟ると、恐る恐るとい
   う感じで目を開ける。
   すると、そこには人の背丈ほどの小さ
   な鳥居がある。
   ホッとした表情になる杏、鳥居に向か
   って歩きだす。
   杏の向かう先、鳥居の向こうには、や
   はり小さな社がある。
   社の上だけ、穴を開けるように木々が
   避けており、スポットライトのように
   陽光が社を照らす。
杏「まだ……残ってたンだ……」
   杏、社に歩み寄り、社のホコリを手で
   払う。そして、社の横に座る。
   杏、陽光をまぶしそうに目を細め、見
   上げる。
   そして、ゆっくりと目を閉じる。
   と、そこへ少女(11)の声。

続きを読む
posted by 車弁慶 at 14:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 車弁慶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。