2008年07月06日

Sky Gazer -1話

人は初めから当たり前にある物に関しては注して注意を注がなかったり、気にしないのが普通の事だ。
僕たちは何も考えなくても普段呼吸して、手足を動かして、寝て起きて生活している。
でもひとたび「何故呼吸してるんだろうか?」と意識したら急に息苦しくなる、人間ってのはそういうものなのだ。

だから僕の住むこの世界では、人が無意識に呼吸をするように、何も考えなくても手足を動かせるように、ごく自然に、当たり前に空が無い。

空が無いのだ。

今が西暦で言うと何世紀なのかすら人はわからない、ただ最後の大戦から200年以上経ってるのはみんなの共通認識だ。

相次ぐ民族紛争、それに介入する大国の武力鎮圧という名の何十年に及ぶ暴力によって、何よりも一番ダメージを受けたのはこの星だった。
かつては「緑の星、奇跡の惑星」と言われたこの星も今は汚泥に沈む石ころのようなものだ。
自然といわれるものはほぼ壊滅し、一部の空気浄化システムが稼動している都市部にしか人間は住むことができない。
ジオフロント計画も相次ぐ地殻変動で計画変更を余儀なくされ
「上に伸びれないなら下に進め」という生活環境改善の一台プロジェクトは脆くも崩れ去った。
人間が上に伸びることを放棄したのは先述の対戦末期の話だ。
世界最大の大国に対しての起死回生の一撃として開発されたのが軌道衛星「シャンポリオン」だ。
何故この世界に暗雲を齎せた機械にフランスが生んだ言語学の天才、古代の英知であるヒエログリフ解読を成し遂げた偉人の名前をつけたのか、もう知る人は居ない。
続きを読む
posted by かっぺ at 11:52| Comment(4) | TrackBack(0) | かっぺ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。