2008年07月02日

人間コントローラー

「自分コントローラー」作・中本良


ダメ人間街道邁進中の主人公。ある日、彼は謎のコントローラーを見つける。それは自分自身を操れるコントローラーだった。そのコントローラーを通してあぶり出される社会問題。社会が抱える問題人間の実情と感情をキモやかに描く中本氏渾身の名作。(解説・サンパスロ・直子・モンゴメリン)

第一話「コントローラーってレベルじゃねぇぞ!」

 トイレ掃除をしていると、ゴボゴボとコミカルな音が鳴り響き、私は便器を覗き込んだ。
 ぷっかりとコントローラーが浮いていた。
 私はそれを取り上げマジマジと見つめてみる。

 ゲームだ。ゲームのコントローラーだ。

 人気家庭用ゲーム機用のコントローラーだった。何故トイレから出てきたのか?よくわからないが汚いのですぐにスーパーの袋に詰めて、燃えないゴミとして捨てることにした。

 ゴミを捨て場で、一人暮らしの割には多すぎるゴミを捨て終わると、近所の主婦が子供を連れてゴミを捨てにやってきた。私は近所付き合い&挨拶が大の苦手なので、すぐさま目をそらしその場を後にした。

 すると、子供がアホみたいに騒ぎだした。「おがーざん。げーむのこんろろーらー。こんろろーらーがすててあるぅ」どうやら、私のゴミ袋の中身に気づいたようだった。
 私はちらりと目をやる。子供がゴミ袋ごしにコントローラーをいじっているにも関わらず、母親は無視してゴミを捨てていた。人ン家のゴミを触るとは、プライバシーの侵害なり。叱らないとはなにごとか。最近の親というのはどうしてあぁ色っぽいんだ!おっぱいが大きいじゃないか!

 と、まぁそんな感じで歩き出すと、私の体はあらぬ方向へと動き出した。脳では真っ直ぐ進行せよと命令を出しているにも関わらず、右へ左へと勝手に進行していってしまうのだ。まるで操られているように。
 私の体はその場をグルグルと歩き回り出してしまった。
続きを読む
posted by nakamotoman at 12:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 中本良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。