2008年07月04日

「このこの」第1話

 玄関を開けると赤ん坊を抱いたミコトがいて、イクジはしばし呆然とした後に深いため息をついた。
「誰の子よ?」
「知らないって!」
「知らんってお前どんだけ……」
「もしかして凄まじい勘違いしてない?」
 赤ん坊があーとおもむろに泣き出す。慌てて部屋に招き入れるイクジ。
 ばたんと閉まるおんぼろアパートのドア。その様子を物陰から覗いている怪しげな人影。



第1話「このこの運命」



 困り果てたミコトがイクジのアパートを訪れたのも、イクジがミコトをすぐさま部屋に招きいれたのも、ふたりがその程度の関係だからであった。いっこうに泣き止まぬ赤ん坊を抱いたままその場に座り込むミコト。
「泣き止まないよね。ねえ、なんでだろ?」
「腹でも減ってんじゃねえの?」
 泣き声のやかましさにうんざりとしながら冷蔵庫を開けて中身を確かめるイクジ。いたんだ野菜と何週間も前の牛乳と缶ビールが2缶。だめだこりゃと言わんばかりに顔をしかめ、缶ビールを1本取り出して自らが飲む。
「そいつにも飲ませてやれよ」
「何を?」
「おっぱい」
「出ないわよ!」
「お前さあ、産むんなら出るようにしとくだろフツー」
「だから産んでないって!」
 一瞬言葉を失うイクジ。
「……あー、よかった」
「何がよ?」
「てっきり俺の子かと」
「その言葉を聞いて私もあらためて同感だわ」
「つーかじゃあ一体どうしたのよソレ」
 イクジ、晴れがましい表情を浮かべながらミコトの傍に座る。憮然として答えるミコト。
「拾った」
「拾った?どこで?」
「ウチのそばの【なかよし親子公園】」
「親いねえし……」
「それで、この子を入れたバスケットに置手紙があって……」
「なんて書いてた?」
「【拾わないでください】って」
「じゃあ拾うなよ!」
「拾うなって言われれば拾いたくなるのが人情でしょうが!」
続きを読む
posted by リーダー at 19:15| Comment(4) | TrackBack(0) | リーダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。